スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

2008年回顧録

うわ、2007年の回顧録がすぐ下にあったりするこの現状。
とりあえず謝っとけ。すみません、ほったらかしです。

もしもここを読んでくださっている方がいましたら、お久しぶりです。
いよいよ今月25日から半年ほど留学いたします。
そんなわけで、ちょっと繰り上げ回顧録行ってみます。
(回顧録だけでも書かないと忘れる)

緑→MA関連
青→観に行ったMA以外の舞台やイベント
うすピンク→ここに書かないほうがいいこと(笑)(ここでは触れません)
ということで。
(あれ、去年と違う!)

【1月】
・台湾で羅志祥にハマる
年末年始にかけて家族で台湾に行きました。
そしてカウントダウンをテレビでみていた時のこと。
五月天が好きな私はテレビにかじりついていたのですが、そこに現れた羅志祥!
うん、ハマりました。CDとか買って帰りました。

・上海で羅志祥と握手する
ミラクル起きた!(ミラクル沖田って変換されて笑った。それどんなマジシャン?)
台湾で羅志祥をテレビで見てからたった2週間後。
友人と上海旅行中に、羅志祥サイン会の看板を見つける。
最初はサイン会って気付かなかったんだけど、後で看板を撮った写真をじっくり読んだらそうだったのです。
そして偶然、ツアーの予定がない翌日に行われると知り、友人に頼んで付き合ってもらいました。もうこれは運命。
しかしあまりの行列に、上海雑技の時間になってしまい、もてる中国語力と電子辞書を駆使して、交渉。なんとか列の前に行かせてもらったのですが(これってすごくない?)、それでも間に合わず、泣く泣く列を離れる。
勝負は雑技終演後から。雪の降る上海の街をひた走り、慣れない電車に飛び乗って、私たちはようやく会場へ戻ってきたのです。
そしてその間、6時間近く握手とサインをし続けたSHOWくんとついに握手をすることができたのです。
日本語が少しできると聞いていたので、日本から来たと日本語で伝えてみたら、日本語が返ってきました。
こんな長い時間ファンと触れ合いながら、かなり疲れているでしょうに、そこですぐに日本語がでてくるSHOWくんに、もう落ちるしかないでしょうが!
以上、上海まで行ってミーハー発症という、大変残念な記録。
ってヲイ、まだ2項目しかかいてないのにどんだけ消費してんだ!

・森達也×姜尚中トークイベント『罪と罰の話。死刑って、何だろう?』
去年『私たちの幸せな時間』を観たのを思い出したけど、韓国では10年死刑が行われていないと聞きました。
ちなみに今、読売新聞で死刑がテーマの連載があるけれど、あれはどういう立場から書いているのかしら。最終的にどこへ行くのかしら。
姜尚中はかっこよくて、物腰の柔らかさとかにもホレました。

【2月】
・SHOCK ×1@帝国劇場
今までのライバル役には私の中ではっきりした順位があるのだけど、やらっちはスパンとランキングに入れられないんだよね…。贔屓目もあるかもしれない。
ジャパネスクの衣装が変わってしまって残念すぎる。
(しつこいようですが和服フェチ)
でも今回のジャパネスクは本当にツボでしたよ。相変わらず横笛で戦っていたけど。
ここだけ何回も観たい。このためだけに観に行ける。
でも2月後半に史上最悪ぐらいの風邪を引いたこともあり、今年のSHOCKは私の中ですぐに終わってしまった感じです。

・からっぽの湖@紀伊国屋ホール
坂田さんの舞台。
20年前にノッシーという未確認生物が出たけど、今は寂れている湖が舞台。
小ネタもおもしろかったです。

【3月】
・TOKIO LIVE TOUR 2008 SUGAR ×4@日本武道館
山口くんの結婚発表あり、夏のツアー発表あり。
後半はお花見もばっちり楽しめました。
今回のツボは太一くんでした。(毎回ローテーションで変わるようです)
MCの時のダウンベストとキャスケットがものすごいツボだったのです。
あとリーダーにもキュンとした!
今回の曲は好きなのがいっぱいあって、本当に毎回楽しみだった。
風船値上がりしたのはここからでしたっけ?2つで300円じゃ高すぎだよね。
飛ばしちゃうのに。

・ちりとてちんにハマる
草若師匠に大号泣。徒然亭の四兄弟が激しくツボでした。
私はそこぬけに〜の小草若さんが好きでした。
高座に復活した小草若さんはありえないくらいオトコマエでした。

・映画を結構観ました
しばらく観にいけなかったのでまとめて観た。
『魔法にかけられて』『マイ・ブルーベリー・ナイツ』『死神の精度』
わかりやすく金城ブームがきて、『ウィンター・ソング』のDVDを購入。

・町田さん風間さんレコメン出演
まさかのMDの音飛びに泣く。けどおもしろかった。
そして運命の出会いがこの裏に!それはまた別のブログで。

【4月】
・重松清・糸井重里トークショー
去年行った石田衣良さんと佐藤多佳子さんのトークショーと同じ、新・読書生活というイベント。サイン会はなかったけど。

・少クラプレミアムでEndless Summer
まさか観れるとは思わなくて、すごく嬉しくてもう何度も観ました。

【5月】
・フルハウス ×3@グローブ座
回を重ねるごとに、ますます楽しくて、泣けた。
町田さんが40分出演しないのはびっくりだった。
でも最初のよねと風間さんと翔央のやりとりは絶妙だったし、台本も好きだったな。
町田さんは役柄がコロコロ変わっていって、すごく難しい役だったと思うけど、本当にうまく自分のものにしてたと思います。
落ち込んでいた時期だったけど、ホントに元気をもらいました。

・ヘルニアと診断される
ダンスを休まなきゃいけなくなったり、ショックでしたが、今はもう完治しました。
ちょっと痛くなると不安になるけど、うまく付き合っていかなきゃなぁ。
色々と温かいことばをかけていただいて、本当にありがとうございました。

・C.R.E.A.M @ウッディシアター
いい舞台だったと思います。
主演の渡辺さんは間のとり方とかつっこみとかよかったです。

・京都1人オリエンテーリング
別名伊東甲子太郎ツアー。どんだけマニアックなんだ!
銀魂で伊東鴨太郎にハマッたのと、読んでいた本が伊東さんの話だったので。
チャリ借りて、一人でオリエンテーリングみたいに必死で回ってました。
飲まず食わずで1日、日差しも暑かったけど、かなり楽しかった。
それをやってから、小説を読むのが楽しくなりました。
方向音痴のくせに地図を必死に見てたから、地名読むと色々思い出して。

【6月】
・STALAG17 第17捕虜収容所 @グローブ座
友人の友人が出ていて、誘われました。
かなり満足の内容!戦争中の捕虜とスパイと看守の話だから、結末は重かった。
スパイの人の最後のシーンは衝撃的でした。意外とかそういう意味じゃなく。
袴田くんが好きなので嬉しかったです。

・劇団四季 異国の丘
南十字星に続き。四季の昭和3部作は好きです。2つしか観てないけども。

・MUSIC JAPAN収録
TMRとか羞恥心とかテゴマスとか。テゴマス歌うまいなーと思いました。

・READING FOR THE TIES 2008@JCBホール

・MAん華鏡なくなりました、そして…
これに関してはまぁ…前にも書きましたが、本当に残念でならないです。
でも元気でやっているようでよかったです。やっぱり嫌いにはなれないですから。

・中国語検定受かる
もう何年越しでしょうか。すっかり諦めていたのに、羅志祥効果でまた始めて、受かってしまいました。一時期、英語よりも中国語が思い浮かぶほど中国語脳でした。

【7月】
・ザ少年倶楽部収録
譲っていただき、初めて行きました。1人で行ったらかなり周りにのまれた。
でも3階の最前だったので、落ち着いて観れました。
しかし今のジュニアがホントにわからない!!!

・スタジオジブリ レイアウト展
なのにポニョは観てないのな!(笑)

・KinKiコン行けませんでした…。

【8月】
・仮面ライダーキバLIVE&SHOW@Zepp Tokyo

・劇場版仮面ライダーキバ 舞台挨拶

・DSを買う
持ってるソフトは銀魂だけ。

・対決 巨匠たちの日本美術 @東京国立博物館平成館
日本美術が好きになりました。ついでに音声ガイドがものすごく豪華でした。

・高知旅行
とある本で読んだ絵師の絵が見たい!というだけで高知に行くオタクです。どうも。
高知に愛着が沸いて、ゆずやアンパンマンや竜馬という色々な高知名物を知りました。

・TOKIO SUMMER LIVE 2008 ×1@パシフィコ横浜
歩いて帰れないほど体力を限界まで使い果たしたライブ。
春のライブがすごく好きだったから、また観れるのが本当に嬉しくて。
いいライブでした。

【9月】
・記憶がものっすごく薄いです。忙しかったんだと思われます。
そしてオタクをしていたのです。

【10月】
・MUSIC JAPAN収録
ポルノとかシドとかいきものがかりとか小柳ゆきとか。
なぜか行くとjealkbが出ているんですが何ででしょう?

・新選組日野ツアー第1弾
日野宿本陣から回ろうとしたら、日野宿本陣で天然理心流の演武がやっていて、見入っていたらほかが回れない時間になりました。
殺陣好きにはたまらなかった。抜刀の瞬間とかコマ送りにしたい。

【11月】
・新選組日野ツアー第2弾
今度は高幡不動周辺を攻めました。
土方歳三記念館と石田寺は2回目。高幡不動尊は初めて。

・ラブルートゼロ コイゴコロ咲く花 @一ツ橋会館

・ザ少年倶楽部収録
A.B.C−Z!!Zってなに!(笑)
見慣れた顔がいっぱいで安心しました。トッツーは変わらないね!
成長した五関くんが、私のツボにガツンと来たので、今後注目していきます。
ゲストの丸山くんが飛ばしまくりで面白かった。小山くんに怒られすぎ。

・お〜い!竜馬 青春篇 ザ・ファイナル@シアター・サンモール
何年か前に観た、大好きだった舞台の再演。
キャストは大幅に変わっていたけど、宮川賢を初めて観れたのと、宮川さんが結構私の理想の勝海舟に近かったのが嬉しかった。
今年高知に行ったので、理解が深まった気がする。
(武市さんの切腹場所とかも行ったし)

・仕事を辞めました
今までで一番心が安定していた1年2ヶ月。
みんなが別れを惜しんでくれて、本当に嬉しかったです。お世話になりました。

【12月】
・TDS
バイト辞めてから初めて前の職場でご飯食べました。懐かしかった。
そして初めてミラコスタでディナー!すごい満足!

・舞台は夢 イリュージョン・コミック @新国立劇場中ホール
坂田さんの舞台。
A席だけど舞台を囲むように席があるので、3列目ど真ん中で観れました。
憧れの女優秋山菜津子さんが間近で観れてすごく嬉しかった。
坂田さんは2役でした。
フランスの古典喜劇だけどわかりやすくて、見事に騙されちゃいました。

・ネオロマンスフェスタ10 @パシフィコ横浜
もうタイトルでアウトじゃないか。

・アメリカへ
いよいよ留学します。半年ですが、悔いの残らないように行ってきます。


ピンクが一番目立つということに書いてから気が付いた。直すのめんどくさい。
そんなわけで、ちょっと早いけど2008年も皆様お世話になりました。
や、ジャニ以外のオタク事項を抱えることになるとは思わなかったです。
厄介なものにハマッてしまった…。帰ってきたらどうなってるだろうねぇ。

7月初旬に帰ってまいります。
ノートPCを買ったので、多分ネットはできます。
御用の方はYahooのメールにお願いしますね。町田情報とか(笑)。
私がアメリカに行くと町田関係のビックニュースがあったりするものだけど(ジンクス的なサムシング)、何かあるといいな。
自分が行けなくてもね。
だって2009年はMAにとっていい年であってほしいもの。
それでは皆様、2009年もどうか見捨てず、よろしくお願いします。

14周年!

町田さん大野さんおめでとう!!
14年か〜。人生の半分がジャニーズなんだね。
14年経っても、この日を大事にしている2人が好きだし、同じように大事にしているファンも好きです。
何があっても頑張っていてくれてありがとう。これからもずっと応援していくよ!


さらっと久々に書いてみました。
ヘルニアが完治して、ダンスにちょっとずつ復帰しています。
でもこの前は代講で、すっごいきつかった。膝が痣だらけ!膝というよりむしろ痣!
筋肉痛がいまだに残ってるのはさすがにやばいと思う。
無理せず頑張ります。
仕事もあと1ヶ月!キバっていくぜ!(あ、それはNGワード)

夏が終わりましたね。

私の知らないうちに記事を書いたやつは誰だ!スポンサードリンクって誰だ!
(そういうシステムです。)
すみません、60日以上放置してました。
60日じゃきかないな、これ。

書くたびに謝っていますね。やめちまえ!
でも記録としてとっておきたいのですよね。
(ちゃんと更新するという選択肢はないわけ?)

夏が終わっちゃいますね。
日曜日にTOKIOライブが終わって、私の中で夏は終わりました。
残念ながらKinKiコンには行けなかったのですが。
フルハウス以来、ジャニ的行事がなくて…
あ、一度だけ少クラに行きました。たまたま知り合いに頂いて。
知らない子ばっかり出てきた…。見慣れた翔央が出てきた時は嬉しかった。
なので、TOKIOは久々のジャニ行事でした。
パシフィコ昼1回のみの参加でしたが、完全に燃え尽きました。
足がフラフラで歩けなくて、あの付近でお腹を満たしてから電車で爆睡して帰りました。
帰る分の体力も残しておかないほど燃え尽きたのは初めてだ!
それとも歳をとっただけ?
ステージ上のほとんど30代の兄さんたちが、あの後さらにもう1公演やってるんだから、自分情けないっす…。
すごいよTOKIO。
今度の春にライブがあっても行けないんだなーって思ったらすごく寂しくなって。
この目に、この胸に焼き付けておこう、と思った。全力で楽しんだ。
最後のほうは半分泣いていました。やっぱりTOKIOが大好きだ。
夏の終わりに会えてよかった。ありがとうTOKIO。

雨傘も予約してきました。
毎週聴いているけど、フルで聴くのはライブが初めてでした。
ジャズテイストのキーボードのリズム、好きだなぁ。ドラムもいい。
明日買いに行かなきゃ!



そんなわけで、近況は↓。
続きを読む >>

向き合わねばならぬ時が

半年振りに何の用だって感じですけど、まぁこんなもんです。
何ソレ?開き直り!?
すみません。
久々なのに、重苦しいです。仕方ないです。


はい、6月です。
まさかこのタイミングで来るとは、というか油断していたというか、甘く見ていたというか。
ついに向き合わなければならぬ時がきたようです。
続きを読む >>

2007年に出会った映画

映画のレビューも書いておこう。

・ミス・ポター
ミス・ポター (初回限定生産 特製パッケージ)
ミス・ポター (初回限定生産 特製パッケージ)
ピーターラビットを作ったビアトリクス・ポターの人生を描いた作品。
本当に可愛らしい映画。観終わった後、そのままもう一度観たかったくらい。
幸せになれる映画です。
でも彼女の人生には深い悲しみもあって。
これを観る少し前に試写会で『エディット・ピアフ 愛の讃歌』を観たのだけど、ピアフとポターは対照的な気がした。
ピアフにも歌があったから、幸せだったのかもしれないけど…。
ビアトリクスの人生はすごいです。

・私たちの幸せな時間
カン・ドンウォンが死刑囚ユンス、イ・ナヨンが自殺未遂を繰り返す女ユジョンを演じた映画。
観終わった後、立ち上がれないんじゃないかっていうくらい泣いていた。
それからしばらく引きずった。
原作の翻訳は蓮池薫さん。結構硬い文章なのは原文がそうなのかな?
映画と違う部分も多くて、監督はユンスにやさしいと思った。
ユンスのためにも、ユジョンのためにも、あってよかったなぁっていうシーンがあったから。
被害者の母親と面会した時のユンスがすごかった。そこから変わっていく様子も。
ドンウォンは素敵な役者になったと思う。
とても重い話で観るのに体力がいると思うけど、大事にしたい作品です。

・夕凪の街 桜の国
2007年回顧録にも書いちゃったけど。
被爆から13年後の広島に生きる被爆者(麻生久美子)と現代に生きる姪(田中麗奈)の話。
本当に痛くて、悲しい。
原爆を落とされた国にしか訴えることができない言葉、世界中の人に聞いてほしいと思った。

・スパイダーマン3
これも回顧録に書いた。
嬉しかったり悲しかったり、観終わった後は複雑な気分になりました。

・しゃべれどもしゃべれども
前にここに書いたけど、この原作はすごく思い出深くて。
そんな作品を太一くん主演でやると聞いてびっくり。
太一くんはしっかり三つ葉で、すごく嬉しかった。


もはや3本には絞れず。2007年もいい映画と出会えました。

2007年に出会った本〜漫画編

すっかりオタクっぽくなってきた私なので、漫画編もついでに。
・『花の名前』斎藤けん
花の名前 1 (1)
花の名前 1 (1)
斎藤 けん

完結してしまったのですごく寂しい。
決して明るい漫画ではないけれど、繊細で素敵な話です。
愛すべき登場人物がいっぱいです。
これを越える漫画とあまり出会えない。
斎藤さんの『With!』もオススメ。だけど誰に貸したか忘れてしまい行方知れず。

・『北走新選組』菅野文
同じ花とゆめコミックス。
私が新選組をこんなに好きになったのは、これがきっかけ。
だから箱館の新選組も大好きです。
菅野さんは『乙男』で有名ですが、私はこれが一番好き。
何度も読んでます。

・『夏目友人帳』緑川ゆき
これも花とゆめコミックス。
1話1話がやさしい、いい話。
緑川さんの短編集『蛍火の杜へ』も大好き。とくに表題作は胸がつまるほど切ない。

・『キラメキ☆銀河町商店街』ふじもとゆうき
これも花ゆめ。要するに同じ売り場をみている(笑)。
泣いて笑える素敵な話。あんな商店街であんな仲間に囲まれたい。

・『銀魂』空知英秋
新選組にハマッた時点で前の職場の生徒にすすめられ、ダンス仲間にすすめられ、ついに!
最初はアニメをチラチラみていて、DVDを順に借りていき…このままではオタクです。
それでもコミックスは買えずにいたのです。
なのに、この間アニメでやっていたミツバ編があまりにもよくて、ついにコミックス15巻16巻を購入。
このままでは本当にオタクです。


以上、偏りすぎブックレビュー。

2007年に出会った本

ありがたいことに本に囲まれた生活をしているので、気まぐれにブックレビューでも。
2007年に出会った本を3冊選びます。
いろいろな雑誌で『今年の本BESTなんとか』的な特集があったけど、私が読んだのは少なかったので。

・『一瞬の風になれ』佐藤多佳子
一瞬の風になれ(全3巻セット)
一瞬の風になれ(全3巻セット)佐藤 多佳子
本屋大賞ですね。
3巻あたりは毎晩読み進めては泣いていました。
陸上なんて全然知らないけど、ちょうどダンスの深夜練のころで、遅ればせながら青春真っ只中だったのですごく響いて、わぁわぁ泣いてしまいました。
自分自身が頑張ることがあるってことは、すごく嬉しいことなんだ。
この本をその時期に読んでいてよかった。自分が感じていることを言葉にして実感させてくれたから。
新二くんが近くに天才がいるというコンプレックスを乗り越えて、自分は自分だって思えるようになるのは、すごく嬉しかった。
佐藤さんの作品には、そういうのが溢れている。
しゃべれどもの主題歌、ゆずの歌にもそういう歌詞があるよね。
『明日天気になぁれ』はこの本のテーマにもぴったり。
頑張っている人、頑張りたいと思っている人に読んでほしいです。

・『燃えよ剣』司馬遼太郎
 『壬生義士伝』浅田次郎

新選組です。どちらかには選べなかった…。あと『輪違屋糸里』も。
どれも泣きながら読んでいた。
『燃えよ剣』は結末がわかっていたけど、土方歳三の生涯を思ったら泣けてきて。
『壬生義士伝』はやばいくらい泣いた。
悲しい話だけど、誰かを思う気持ちに溢れている。
最後のほうに出てくる土方の最期も好き。
『輪違屋』は芹沢鴨のへんの話なので、まさに4月に行った八木邸が舞台。
平山五郎といえば大河で坂田聡さんがやってた役だけど、この本の五郎はんは本当に素敵。
あんな人に愛されたいと思う。
でもドラマ化したら山本太郎だったっけ。左之助じゃないですか。

・『のはなし』伊集院光
もうリスナー歴十年越えの私には欠かせない1冊。
昔リスナーだった人も、現役リスナーも、絶対読んだ方がいい。
伊集院節で溢れてて、エッセイ苦手な私も、一つ一つ読むのが本当に楽しかった。
続編が楽しみです。

・『チェリー』野中ともそ
雰囲気にやられ、最後は号泣。
でも意外すぎる展開なので、そっちにいくんかい!と思わず突っ込んだ。
私の個人的事情なのだけど、私のホームステイ先がアメリカ西海岸ということと、ホストファミリーのおばあちゃんがよく作ってくれるチェリーパイが本当においしいということがあって、ものすごくツボにきちゃったんだよね。
絶対戻るからって思うのに、日本で日常に埋もれていくこととか、すごく理解できた。
食べ物の描写が本当においしそうでした。


3冊って言ったのに!!!!最後のは番外かな;
以上、めちゃくちゃ個人的な事情を含んだブックレビューでした。

あけまして

えーと、書いていいんでしょうか?(勝手に書けよ)
何ヶ月ぶりでしょうか。
やることいっぱいで書く時間もないし、相変わらず部屋でネットできない。
放っておいたら年越しちゃったよ!
ああ、月日が経つのって早い。

誰も見ていないと思いますが、書かないことで私が留学していると思っている方もいらっしゃるようなので(申し訳ない)、新年のご挨拶を。

あけましておめでとうございます!

まだ留学はしておりません。
したかったけど、まだできていません。
本当は10月にはする予定で話を進めていて、もう少し仕事を続けたくて1月に延期。
なのに9月に新しい仕事が決まり、結局8月で前の仕事は辞めてしまいました。
人生ってわからない。
今の仕事は産休代理なので、1年経ったらアメリカに行きたいです。
親や周りの人は呆れているかもしれないけど、ここまで来るとやりたいことやろうと思って、あまり焦らなくなりました。
いいことなのか、悪いことなのか…。

今年の目標は…
欲張りに生きる!

色々な経験をして、立派な大人になりたいです。

時間が許せば、あとで日付詐欺して2007年のことでもまとめます。


MAについては…
2007年はいろいろありましたね…。
でもきっとそのいろいろを乗り越えて、また成長した姿を見せてくれるものと信じています。
何があっても応援しています。
MAにとって2008年が明るい年となりますように。

2007年回顧録

日付詐欺です。
ほんと、こういうまとめでも書いておかないと忘れてしまう。
自分の日記(ノート)だとまとめて書くことがないから、あとで振り返るのが難しいから。
では
緑→MA関連
青→観に行ったMA以外の舞台やイベント
ピンク→テレビや映画
ということで。

【1月】
・SHOCK ×1@帝国劇場
これについてはまだブログを書いていた時期なので、当時書いたはず。
そうそう、長年の夢だった帝劇でチュリトスを食べるというのを実現した。

・新しい仕事
少しは夢に近づけた。夢というか理想かな。

【2月】
・漫画ブーム再び
さらに菅野文『北走新選組』にハマッたことから、幕末ブーム再び。

・TDL
卒業旅行の引率で。バイト辞めてから初めての夢の国。
夢の国なのに、一人で暇した末に居眠りという、考えられない事態に。
正直、もう夢と冒険の国の魔法にはかかれないのかと思った。

【3月】
・TDS
卒業旅行が月またぎだったので、TDLの翌日に行きました。
前日にもうだめだ…と確信したのに、TDSである一人のダンサーを見つける。
結果その日だけで4回同じショーを見るという、お仕事中とは思えぬ行動に。
みんなを呆れさせました。
帰ってからも彼を見たくて、本気で年パスを考えたりもした。
結局その後は一度も彼を見ていないけど、ケータイに残った写真は宝物。

・佐藤多佳子さん石田衣良さんトークショー
なぜか一番前でガッツリ聞く。二人とも大好きで憧れの方。
(最近の石田さんは…いや、特に言わないでおきますが)
期待していなかったサイン会まであり、夢のようでした。
一言メッセージつきの石田さんからは、ありがたいお言葉をいただきました。

・Aくんメモ@シアターモリエール
グワィニャオンの舞台を久々に観ました。
ほろりときて、心打たれる作品。わかりやすかったです。

・高橋大輔にハマる
オペラ座の怪人で泣いた。今の白鳥の湖は大好きです。

【4月】
・京都旅行
祖父母と京都に行きました。
新選組にハマっていたので、八木邸や壬生寺などにも行きました。
桜の季節で、ちょうど御所の一般公開が行なわれていたのも嬉しかった。
泊まっていたリーガロイヤルは、不動堂村屯所の跡と言われているそうで。

・天国と地獄@シアターアプル
毛皮族の舞台は初めて。
誘ってもらったのと、小林顕作さんにひかれて観に行きました。
ほぼトップレス(笑)。

・モノマネショー
よき思い出です。
生まれて初めて見たけど、実力ある人のショーは本当におもしろかった!

・ウェルカム・ホーム!@ウッディーシアター
すごく複雑で重い家族なのに、テンポいいやりとりで思いっきり笑えた。
家族っていいなぁ、って温かい気持ちになれる舞台でした。

・人生二度目の腰痛持ち
ダンスを続けたくて親には黙っていたけど、ついにバレてしまった。
いまだに病院通い。上手に付き合っていきたい。できれば治したい。

【5月】
・サバイバル☆アイランド ×5@サンシャイン劇場
ハマってハマって、途中で1回増やしてみた。
本当に観ておいてよかった。心からそう思う。
あの時の4人の姿は、ずっと忘れないと思う。

・ごきげんよう・バニラ気分
まさか昼間のトーク番組でMAが見られる日がくるとはね!嬉しかった。本当に。

・ツグノフの森@
坂田さんの舞台。G2作品はやっぱり難しいです。
坂田さんのヤクザはやっぱり大好きで、昔サインをもらったことのあるラーメンズ片桐さんを観れたのもよかった。

・スパイダーマン3
世界最速で観に行く。3年近く待っていたから。
順調だと浮かれすぎて調子に乗っちゃうピーターと、ピーターへの恨みを募らせるハリー。
ハリーのバトルスーツ姿は、お父さんの前例があるから心配だったけど、かっこよくできてました。
いやぁ泣きました。これ以上は書けないぃぃ。
またしてもジェームズ・フランコにやられ、『SONNY』『バレエ・カンパニー』などを借りるが、なぜ彼の作品はあんなにつまらないのだろう…。

・しゃべれどもしゃべれども
大好きな思い出の作品を太一くんが主演。
映画でジーンときて、再読して泣きました。

・教員免許ゲット
今後使うかわからないけど。
でも大学4年で気まぐれにとった資格が、今こうして活用されているので、人生どうなるかわかりません。
ついに学生という特権を失う。

【6月】
・小田島雄志さん講演会
偶然ですが【A Midsummer Night's Dream】のお話でした。
MAの真夏の夜の夢が懐かしい。
文化祭から始まった木野花さんの演出はすごく突飛だと思ったけど、世界ではいろんな形の演出があるらしい。

【7月】
・次の仕事が決まる

【8月】
・私たちの幸せな時間
再びカン・ドンウォンブームがやってきた!
最近ちょっとふっくらしすぎて私の理想と離れてしまったと思っていたけど、観たら全部吹っ飛んで、ドンウォニが好きでたまらなくなりました。
持っていた『1%の奇跡』を見たり、ハングルを勉強したり。
『彼女を信じないでください』も買っちゃった。
飽きやすい私は、前回のブームではハングルの勉強は立ち読みどまり。
今回は本を買って、文字の理解をしたところで、途中棄権。

・夕凪の街 桜の国
重い映画ばかり観ているような気がします。
でも本当に、これはいい映画です。
「生きとってくれてありがとう」という言葉が本当に深くしみる。
吉沢悠が「ゆう」から「ひさし」になったことに気付き、そして注目している自分に気付く。

・久石譲&新日本フィルワールド・ドリーム・オーケストラ2007@東京芸術劇場
大好きな『Quartet』という映画のテーマ曲もあり、感動。
トランペットソロの『天空の城ラピュタ』は本当に素敵。

・発表会
これが一年で一番大きな出来事だったかもしれない。
こんなに頑張ったことって、今までなかったと思う。
憧れの先生の振り付けで踊りたいという単純な動機からの挑戦。
LOCKIN'初心者で落ちこぼれだったから、みんなに迷惑かけたくなくて必死だった3ヶ月。
結果、思い出すとジタバタしたくなるくらいの失敗もあり、それがDVDにまで収められたりもしたけど(笑)、充実感は半端なくて、あの日のことは全部キラキラした思い出になってます。
初めてビールがおいしいと思えて、初めてカシスオレンジをがぶ飲みした日。

・仕事を辞める
ついに親には認めてもらえない仕事だったけど、私にとっては大事な経験でした。
今までいろいろな別れがあったけど、あんな風に泣いてくれたのは初めてで。
あんな素敵なお手紙をもらったのも初めて。
あの出会いがあっただけでも、私はあの仕事をやっていてよかった。
できればずっと仲良くしてほしいな。(読んでないと思うけど私信)

【9月】
・ミステリー小説講座
会場が母校だったのと、東野圭吾さんが出ると言うので応募。
北方謙三さんもとてもおもしろい方でした。

【10月】
・身も心も第二章 流れ姉妹 〜ザ・グレートハンティング〜@赤坂RED/THEATER
坂田さん舞台。相当長い間楽しみにしていた続編。
高田聖子さんオットコマエ。

・ミス・ポター
素敵な映画だった。
待受けをピーターラビットにしてしまったくらい。

・MUSIC JAPAN公開収録
ラルクとかWindsとかAKBとかjealkbとか。

【11月】
・たとえば野に咲く花のように アンドロマケ@新国立劇場
譲っていただいて行ってきました。千秋楽に2列目。申し訳ない。

・町田さんとよねレコメンゲスト
ビッグニュースもあり、すごく楽しかった。

【12月】
・@ザ・グローブ・プロジェクトVol.3恋愛模様/守ってください ×2@グローブ座
観れて本当によかった。
2作品観れたし、ガラリと変わった作風の。
これからも期待しています。

・町田さんとよねBiDaNに登場
なぜかモデル業。またやってほしい。本気で期待。

・宝塚花組公演 アデュー・マルセイユ/ラブ・シンフォニー@東京宝塚劇場
チケットを頂いたので、初宝塚。
ジャニーズと歌舞伎が好きな時点で宝塚までハマッたらお金がもたないよ、と警告されていたのだけど。
いやぁ、不思議な世界だと思いましたが、ショー好きなので楽しかった!

・TDS
自分でお金払って行ったのは今年唯一。
やっぱり某ショーにハマる。あのダンサーも好きだったけど、ショー自体が好きなのかも。
例のダンサーはいなかったけど、またかっこいい人を発見。(何を見てるのよ)
リニューアルしたシンドバットがすごく好き。
レイジングに乗ってみたら意外と平気でした。

・町田さんはぐれ刑事出演
これがレコメンでのビッグニュース。
ドキドキしながら観てました。おもしろすぎでした。
名前と顔がデカデカと出たOPに感動。EDにも感動。
これがいいきっかけになるといいね!

・台湾旅行
家族全員で台湾で年越し!
お友達(@やらっち)には色々お世話になりました。
テレビで見たカウントダウンライブで、大好きな五月天を観れたのはすごく嬉しかった。
そして羅志祥にハマる…。


長すぎ!めんどくさい!節操なしすぎて統一感がまったくない!
でもここには書ききれないほど色んな経験ができた1年。
これもいろいろな人たちの支えがあってこそ。幸せだなぁと思います。
これからも感謝を忘れず、経験を重ねて成長していきたいです。

生きてます

ものすっごい久しぶりに書きます。

なんだか色んなことを書きすぎて、MAのことと他のことを分けて書こうかなー
なーんて、また大それたことを考えていた矢先、事情によりMyパソコンでネットができなくなりまして。
直そうかと思ったんですが、無いなら無いで早寝できるしいいかも、と思ってしまいましてね。
部屋でネットやってると、どうしても睡眠時間が削られるし、読書時間がなくなるし。
職場でネットできるし、居間のPCでもできるからいいやーって。
要するに、


めんどくさかったんです!!!
(それをいっちゃおしめぇよ)

究極の熱しやすく冷めやすい性格なので、無いなら無いでOKになってしまうんです。
そんなことしてたら、2ヶ月もブログの更新を滞らせてしまいました。
すみません。


まぁそういう事情だったんですが、ちょっと揉め事だらけで精神的にもやられてまして。
そのうえ、じんましんで皮膚科に通い、腰痛で整骨院に通って、かなり通院貧乏です。
そして今、こうして居間の椅子に座ってパソコンに触っているのも辛いくらい腰痛です。


だけど『サバイバル☆アイランド』とか、『☆』(笑)のためのMAテレビラッシュとか、そんなものがあったので精神的には救われています。
また落ちやしないかと毎日ビクビクしてますけど、そんな時のために光一コンDVDをとってあります。
まだ飾ってあるぜ♪


サバ☆アイのこととか、テレビのこととか書くべきなんでしょうけど、腰が痛いので今日はこのへんで。
(逃げたな!)
次がいつになるかわかりませんけど;

| 1/48PAGES | >>